エンジョイDIY記事詳細

メインコーナー

2017年04月22日放送

お庭のぬかるみ&雑草対策

写真

雨が降るとぬかるみ、夏の時期には雑草が生えてしまう庭の小道、
植栽スペースとの区切りも曖昧で、日常の洗濯干しにも影響が・・・・
そんなお悩みを解決します!

写真

まずは片づけ、植木鉢などを避けておき、雑草も根から抜いておきます。
鉄筋(45cm位に切ったもの)と水糸を使い、
植栽スペースと通路スペースの区切りの線を引いておきます。

写真

砂利敷きにするスペースをもとの高さより5cm掘り下げます。

写真

全体が掘れたところで、水平を確認します。
1m程度の木の板と水準器を併用して、
地面が水平になっているか確認します。

この時、縦、横、斜めなど、向きを変えながらチェックし、
必要以上に掘ってしまった部分は埋め戻しておきます。

写真

植栽スペースと通路の区切りは、
石を置いただけではずれてしまう場合があるので、
しっかりと固定しておきます。
まず、石の3分の1ほどが埋まる深さで溝を掘ります。

写真

溝にモルタルを流し入れ、石を並べます。
この時、石と石のつなぎ目や隙間はモルタルで埋めておきます。

写真

砂利を敷く前に、「防草シート」を敷いておきます。
まずはシートを広げ、ピンで固定します。
シートの端は5cmほど立ち上がるようにし、余分はカットしておきます。
シートとシートのつなぎ目は、10cm以上重ねるようにして、
つなぎ目をテープで留めておきます。
こうすることで、端やつなぎ目から雑草を生えにくくすることができます。

写真

砂利を敷き、木の板などをつかい、平らにならしていきます。

写真

これで、ぬかるみ対策と雑草対策が完了しました。

砂利敷きに必要な砂利の目安は、深さ5cmの場合は
1坪でおよそ13袋程度です。
ただし、砂利の種類や現場の状況により必要量は変化しますので、
ご注意ください。

  • 今後の放送予定はこちら
  • 今週のプレゼント

バックナンバー

  • casa&SWEN インテリア×キッチンカーサ&アウトドアショップスウェン
  • ベイドリーム清水
  • 清水エスパルス
  • ジュビロ磐田
  • おいしい水の宅配便
  • 静岡朝日テレビ
  • テレしず
  • だいいちテレビ
  • SBSテレビ
  • K-mix ALWAYS BE WITH YOU
  • womoネット
  • au損保
  • モノと暮らし、ホームセンター情報マガジン「パコマ」
Copyright© 1997-2017 Encho Co.,Ltd All rights reserved.