工作大賞

賞 状
トロフィー
賞金5万円
 

作品名  ベビーベッド
制作者  加藤 啓伍
制作ポイント ベビーベッドは高さが高い物がほとんどですが、これは床とほぼ同じで、お母さんが赤ちゃんを寝かせたり抱き上げたりするのが、し易くなっています。そして、赤ちゃんが歩くようになった時、下の板を取ればサークルとして使えます。また下の板は、アセを吸いやすい杉板で通気性を良くするために穴を開けました。デザインは天使のような赤ちゃんをイメージしました。実用性もデザイン性もある作品ができました。
審査委員評
山村 レイコ
「こんなベッドが欲しかったのよ〜っ!」と、全てのお母さんが叫びそうな作品です。柵の高さや床の換気穴や幾通りもの使い方が出来るなど、機能性は抜群。お姫様や天使になれそうな可愛いデザインも一目で気に入りました。くるりんと丸まった四隅の仕上げも素晴らしく、大人にも赤ちゃんにも優しいベッド。もう一度あの頃に戻りた〜い!?あ、材料費の安さもびっくりですね♪



賞 状
トロフィー
賞金5万円

作品名  木熊(kiguma)
制作者  寺田 高士
制作ポイント 娘の2才の誕生日のプレゼントの為に作りました。娘の大好きな絵本にでてくるクマをモデルにしました。関節部分を可動にする事によって表情を豊かにしたいと思いました。子供の為という事で極力壊れにくい物を!と、心がけました。永く大切にしてほしいオモチャを作りたいと思いました。
審査委員評
太巻 隆信
なだらかな曲面と合せて緻密な関節構造が作り込まれています。関節に適度なフリクションを与えこのようなポーズで自立可能にしているのはお見事。顔の表情と四肢のバランス、ユーモラスな印象にデザインされています。確かな設計や加工術。さらに黒檀などの硬木をここまで仕上げるのには、プレゼントする2歳の娘さんへの並々ならぬ愛情を感じます。

Copyright(C) 1997- Encho Co.,Ltd. All rights reserved.