ガーデニング

おすすめガーデニング ~以前紹介された商品~
「エンジョイDIY」では、季節の商品と、ガーデニングのお手入れに関する商品を紹介しています。

2016年03月19日 グリーンインテリア【観葉植物】

日々の暮らしの中にグリーンがあるととても癒されます。
空気を浄化してくれたり、インテリアとしても人気の観葉植物をご紹介します。


観葉植物には大きな物から小さな物まで様々なタイプがありますが、まず何処に置きたいかで選んでみましょう。

ミニ観葉


窓辺やテーブルの上、ちょっとした棚の上などにも気軽に置ける
ミニタイプの観葉植物です。
遊び心があるマグカップに植えたタイプや、
おしゃれな鉢に植えられたものが人気です。

寄せ植え


大きなタイプの観葉植物はインテリアとしても存在感があります。
人の動きの邪魔にならない場所で楽しみましょう。

置き場所

室内で植物を楽しむ際に、もっとも重要なことは、置く環境にあった植物を選ぶことです。
光を好む植物、またやや暗くても育つ耐陰性のある植物など、また寒さに強い植物、弱い植物など、
植物の性質をよく理解した上で育てましょう。
通気性の良い場所で育てることも、虫や病気を防ぐ為に重要です。

水遣り・管理

乾いたらたっぷりと与えるのが原則です。
冬場は加湿にならないように気をつけましょう。

2016年02月06日 小さくてかわいい♪多肉植物

多肉植物とは、茎や根に水分を貯えた植物のことを言いますが、
種類も豊富で色や形、ネーミングの面白さなど魅力いっぱいの植物です。


冬場は紅葉して赤くなる物もあり、場所も取らずに楽しめるので大人気です。サボテンも多肉植物の一種です。

カット芽


あらかじめカットした苗で、切り口が乾いています。
ミズゴケや吸水スポンジに挿したり、土の上にさして使います。
自分で育てた苗から切り出す時は、
2~3日切り口を乾かしてから使用しましょう。

植え方

穴の無い器ににも植えることが出来るので、自由な発想で楽しんでみましょう。
(例:お菓子の空き缶・きれいなグラスやマグカップ)
穴の無い器には鉢底土を入れ、サボテン多肉植物の土を入れて植えます。緩効性の肥料をほんの一つまみ。
(多肥にしてはいけません)
ゆっくり、過酷な環境で育てた方が容姿が乱れにくいです。お気に入りの苗を植えましょう。

置き場所

日当たりの良い所で育てましょう。植え付け直後の物は数日間は半日蔭で育てます。
凍らせるとだめになってしまいますので、寒い時期は室内で楽しみましょう。

お手入れ

カット芽植えは根が出てくるまで2~3週間は水遣りしません。
乾いてから更に2~3日待ってから水遣りします。葉の表面がほんの少しシワっとなってからでも元に戻ります。

2016年01月23日 クリスマスローズ

寒さにめげずに凛と咲く「冬の貴婦人」クリスマスローズの魅力をご紹介します!

クリスマスローズは花の少ない冬から初春にかけて楽しめる多年草です。
花期が長く丈夫で育てやすいので庭植え・鉢植え共に人気があります。
名前の由来となったクリスマスの頃に咲く原種の「ニゲル」やガーデンハイブリットと呼ばれる交配種があります。

一重咲き
「シングル」とも言われます。
シンプルですが5枚の花びらがその特徴をよく表し花の美しさを一番楽しめるタイプです。
花弁の色や中心部分のスポットと呼ばれる模様で様々な表情を楽しめます。

八重咲き
「ダブル」とも言われます。ゴージャスな華やかさを味わえます。

半八重咲き
更に「一重咲き」「八重咲き」の交配から「半八重咲き」タイプ「セミダブル」もあります。

花持ちが良く1つの花が3週間くらい楽しめますが、花びらに見える部分は実は「ガク」が変化したものなので、
散らずに長持ちする為です。次々と開花すると2~3カ月楽しむことが出来ます。

置き場所

半日蔭でも育ちますが、夏以外は日当たりの良い場所で育てると花付きが良くなります。

植え場所

庭植えの場合は、落葉樹の下が夏の日差しを遮り冬はよく日が当たり適しています。
下向きに咲く品種が多いので、ハンギングにしたり少し高い位置で育てるとよいでしょう。

水遣り

鉢植えは開花時期なので冬でも水切れしないように与えます。
過湿は嫌いますので、乾いたらたっぷりと与えてください。
庭植えの場合は自然に任せます。

肥 料

月に2~3回液体肥料を施すと美しい花を長く楽しむことができます。

2015年12月05日 植物の防寒対策

いよいよ本格的な寒さに向かっていきますが、皆さんのお宅の植物は元気にしていますか?
私たち人間が寒いと感じる時期は植物にとっても辛いものです。
今回は植物に合わせた防寒対策をご紹介します。

非耐寒性植物

・寒さに弱いシクラメン・ポインセチア・洋ラン・観葉植物などは室内に取り込みます。
鉢花には明るい窓辺が最適です。ただし、夜間は気温が下がるので部屋の中ほどに移動しましょう。
いずれの植物もエアコンの風が直接当たらないところに置きましょう。

半耐寒性植物

・ある程度の寒さまで耐えられますが霜には弱いガーデンシクラメン
・プリムラなどは、玄関ポーチなどの軒下で育てましょう。
・株元にバークチップやくるみのマルチなどを敷くと良いでしょう。
・鉢やプランターを2重にするのも保温効果があります。
・小さな鉢植えなどは発泡スチロールの箱に入れて夜間の冷え込みから守るのも良い方法です。

耐寒性植物

・寒さに強いクリスマスローズ・パンジー・バラなどは、0℃以下になってもそのまま外で冬越しが出来ます。
庭植えの植物にはシキワラや腐葉土を敷くと良いでしょう。

水遣り

・水は晴れた日の午前中に与えます。夕方与えるのは夜間冷え込むので厳禁です。
・冬場の水遣りは、乾いてから更に1~2日経ってから与えます。
・与える時は下から水が流れ出るまでしっかり与えましょう。
・室内の観葉植物などには乾燥防止に時々霧吹きで水分を補いましょう。

大切に育ててきた植物を寒さで枯らしてしまわないように、防寒対策をして冬を乗り切りましょう!

2015年11月21日 生活シーンに合わせた【鉢選び】

色々な木やお花が出回って、お花や鉢を選ぶのも、植え替えるのも、飾るのも、
本当に楽しい季節ですよね♪
そこで、今日は寄せ植え、そして食卓や出窓、トイレなどを飾るお花の演出の仕方を、
色々な「鉢」と一緒にご紹介します。

屋 外


屋外にはテラコッタ鉢がオススメ!
玄関にこんな鉢があったら素敵ですよね。

リビングなど


1日仕事をして疲れて帰ってきた時に、ちょこんと、
こういったお花があると気持ちがなごみますよね

洗面所・食卓・出窓など


ただの味気ないポリポットやプラスチックの鉢に入っていたものを、
こうして小さなブリキの缶に入れるだけでちょっと目線が
変わります。

  • casa&SWEN インテリア×キッチンカーサ&アウトドアショップスウェン
  • ベイドリーム清水
  • 清水エスパルス
  • ジュビロ磐田
  • おいしい水の宅配便
  • 静岡朝日テレビ
  • テレしず
  • だいいちテレビ
  • K-mix ALWAYS BE WITH YOU
  • モノと暮らし、ホームセンター情報マガジン「パコマ」
  • au損保
  • womoネット
Copyright© 1997-2017 Encho Co.,Ltd All rights reserved.